料金システムとサービスの時間

料金のシステム

さまざまある風俗店の中でも、料金体系にも特徴があるのがソープランドです。
支払いは2段階となっていて、まず入店後にまずお店側に入浴料を支払うのが通例です。
その後、待合室(ロビーのようなスペース)にて待ち、担当するソープ嬢と対面し、部屋に通されます。
サービスの終了後に料金としてサービス料をソープ嬢に支払います。
この2段階の支払いにおける入浴料は部屋の使用料のようなものとして、一方サービス料はソープ嬢が行う性的なサービスへの料金ともいえます。
ちなみにサービス料は入浴料の2倍から3倍になるのが相場です。
以上が、一般的なソープランドの料金システムですが、受付にて入浴料とサービス料の含めた金額を支払うシステムのお店もあります。

指名制とは

ソープランドのサービスの特徴として指名性というのがあります。
以前に来店したときに気に入ったソープ嬢を指名することが「本指名」と呼ばれます。
また、ネットや風俗記事、雑誌などをみて指名するのが「写真指名」「雑誌指名」と呼ばれます。
指名せずにお店におまかせすることはいわゆる「フリー」となります。
もちろん、本指名や写真指名など、入店前に指名しなくても、入店後にその日に勤務しているソープ嬢を指名することもできます。
ソープ嬢にとっては、やはり本指名されることは収入の面でもプラスになるというメリットもあります。
サービス終了後に部屋を出るときに、ソープ嬢から自分の出勤日が書かれた名刺などをもらうことがありますが、次回は本指名を待っているという意味でもあります。



TOP